工作

【材料費0円/手抜き】ガチャガチャをダンボールで作ってみた

2016/07/27

ダンボールを使ったコドモ向け工作がたくさんyoutubeで見かけるようになりました。

そんなYoutubeを観て楽しんでいる我が子のために私も暇つぶしレベルでコドモと作ることに。

しかし一緒に作るとなると色々と面倒なので、材料費0円の手抜きガチャガチャをダンボールで作ってみました。


■材料

DSC_3298基本、家にある以下のモノです。

・ダンボール

・クリアファイル

・牛乳パック×2

・500mlのペットボトル

・ガムテープ

・ハサミ&カッター

あと、ガチャガチャカプセルはホンモノのマシンが置いてあるお店の空き容器をもらってきました。

DSC_3299

■作り方

1.ペットボトルを1/4切り取る。

DSC_3300

ペットボトルはカプセルを回すダイヤルと受け皿の役割になり、回すことで上から下へカプセルを運ぶため、カプセルがしっかり入るように穴を空けます。

DSC_3301

2.牛乳パックを二面半分ぐらい切る。

DSC_3302

この牛乳パックはダンボールとペットボトルダイヤルを固定する役割で、作り終わったらペットボトルと組み合わせます。

DSC_3303

3.ダンボールと組み合わせる

DSC_3305

今回使ったダンボールは真ん中に穴が空いていたのでそこにペットボトルを差して固定。コツは斜めに取り付けて転がり落ちるようにすること。

4.クリアファイルを貼り付ける。

DSC_3306

ガシャのカゴとなる部分で、ダイヤルのところを適当に切り取り、こちらも転がり落ちるように斜めに貼ります。

5.スロープを作る。

ダイヤルを回して落ちてくるところです。

ダイヤルの下に牛乳パックが入るように穴を空けます。

DSC_3309

牛乳パックは上の部分を割いて一面だけ切り取ります。

DSC_3310

そして先ほど開けた穴に刺すのですが、こちらも転がり落ちるように 牛乳パックの割いた部分をうまく引っ張るように使い斜めに固定します。

DSC_3311

これで本体は完成。

適当に作ってるので約20分ぐらいかかってしまった。

■ガシャカプセル仕込み

DSC_3312

今回はガシャの中身をおみくじにするとのことで、メモ紙に文字を書き込みカプセルの中へ。

またもらってきたカプセルは開閉を固定するツメがついていたのでコドモには開け辛いモノでした。

DSC_3316

そのため、ツメの部分に三角の切り込みを入れて取り除くことでコドモでも簡単に開けられるようになりました。

DSC_3315

作ったモノをダンボールへ投入。

DSC_3321

くじ引きなので上の部分を閉じてみました。

■遊んでみた。

20160611_144351

本当に出てくるか不思議な理子さん。

ちょっと揺らしながらダイヤルを回すと黄色いカプセルが出てきた。

20160611_144328

中身を開けてみると・・・

DSC_3323

なんとハズレに大興奮!!

DSC_3324

その後、あまりにも見た目がヒドいので白紙を貼ってボロ隠ししました。

DSC_3326

そして着色してちょっとはマトモなモノへ。

DSC_3336

ちゃんと作ってないので時々出が悪い。

なので急遽はり紙が追加されました。

DSC_3337


■まとめ

今回は〝飽きる〟を前提に低予算・低労力・低クオリティをモットーにサクッと作り、お値段以上の高パフォーマンスを出せたのはとても良かったです。

しかしガシャの〝空カプセル〟を集めることが一番大変で、私は会社帰りに往復30分以上かけてゲームセンターやアニメ系書店を周り回収しました。

これこそ、日本人がよく忘れる〝人件費〟が一番高いという事象の現れですかね。

しかしコドモの笑顔はプライスレスだから、まぁ良しとしましょう。

-工作