工作

紙コップを使った知育遊びとお勉強の予行練習

_20160819_082212

お出かけをしない休日って暇ですよね?

そこで何とか面白い遊びができないかと思い、思考錯誤のうえ紙コップとサイコロを使った新しい遊びを考え楽しみました。


■材料
_20160819_081631

こちらは100円ショップで売っている紙コップ。

それと紙コップに絵や文字を書く色鉛筆と今回の遊びではサイコロを2つ使いました。


■遊びの前に

_20160819_081537

私が紙コップの遊びを考えている最中、理子さんは暇になってしまうので、我が家では定番のスゴロク作りをやってもらい、せっかくなのでスゴロクのマスを紙コップで書いてます。

_20160819_084953

文字はうる覚えなので見本を見ながら書くのが我が家の定番。

幼い頃は文字をキレイに書くより、文字を書く機会を多く増やしてあげれば良いかと思ってます。

_20160819_085324

_20160819_081915

せっかくなのでプレイヤー駒も紙コップで作りました。

_20160819_081941

自分でマス目を考えるスゴロクは想像力や好奇心を刺激するので幼児教育的にも良いですね。

_20160819_082038

私の準備とスゴロク遊びが終わり、これからが今日のメインイベントです。


■オリジナルゲーム1:サイコロマッチング

_20160819_082108

先ず紙コップの裏にサイコロの1から6の数字を二つずつ書き、そのコップを数字が見えないように置きます。_20160819_082445

その後サイコロを振って出た目と同じ数のコップを見つけた方が勝ちというゲームで、早速理子さんがやって見たところ何と一発でビンゴ!大盛り上がりです!!

_20160819_082212

そしてゲームはこのまま続け、コップがなくなるまで勝負して獲得コップの数が多い方が勝ちというルールを追加しました。

しかし、コップが減るにつれてマッチング確率が下がるのでエンドレスゲームになってしまい、いったんゲームチェンジ。


■オリジナルゲーム2:足して5

_20160819_081730

今度はさっき作ったコップのうち6の数字が書いてあるものを取り除き、新たに0の数字を書いたコップを追加しました。

そして今回はサイコロを使わず神経衰弱のように2つのコップをめくり、出てきた数字を足して5になったらそのコップを貰えるというゲームをやりました。

_20160819_082614

このゲームなら全て無くなるまで遊べるのと、片手同士で計算できる足し算の練習になります。

_20160819_082651

何気ないゲームの中でお勉強を織り交ぜることは幼児教育ストレスを軽減させるので私は隙を狙って織り交ぜるようにしてます。


■学びを楽しむ

IMG_20160815_120233924

今回のようなスキマ時間であっても、テレビやゲームに頼らず親子で楽しむコミュニケーションを見つける『小さな努力』は後に『大きな成果』につながると思ってます。

また私の場合、本人にもしっかりと「お勉強をしている」という意識を持たせ、お勉強を楽しく取り組んでいるという動機付けも心掛けてます。

例えば今回だと

『コップの数字を足して5になった方が勝ちというゲームで、なんとゲームと一緒に足し算の勉強もできます!』

みたいな言い方をして「勉強をする」ということへの抵抗感を軽減させるような感じです。

このような働き掛けで少しでもお勉強が楽しいと思い、将来的に学習意欲が高まれば嬉しいですよね!

-工作