本&ドリル、知育玩具レビュー 育児・知育アイデア

コドモのスマホ利用を徹底管理する!

先日、私のお古スマホを娘に差し上げて自宅内Wi-Fiもしくは私と一緒時のテザリング利用が始まりました。

しかしYouTube視聴やアプリダウンロード、また利用時間の制限ができないかと思いGoogleで検索したところ、なんと今年の4月から素晴らしいアプリがリリースされているじゃないですか!↓

■Googleファミリーリンク

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.kids.familylink

そのため今回はこのGoogleファミリーリンクについてご紹介します。

■コドモ向けアカウントGoogle発行可能

まず最初に、このアプリが対象になるコドモ用スマホとタブレットはAndroidのみです。

しかし親用スマホはiPhoneも可能なので、コドモ用スマホ&タブレットを用意する時はご注意ください。

そして、このアプリのリリースに伴い、13歳以下のユーザーでも親の申請によりGoogleアカウント発行が可能になりました。

これ要するに、GmailやYouTubeのアカウント、GooglePlayのアカウントをコドモと共有せずに済むので、親のアカウント共有によるリスクも軽減されます。

この手続き方法については、親用スマホにアプリをインストールするとガイダンスが出てくるので差ほど難しくないです。※Googleアカウント発行経験がある人なら容易いです。

それと、親用Googleアカウントと紐付けてコドモ用Googleアカウントを管理するため、親用Googleアカウントで本人確認手続きなどの手続きが必要で、これはクレジットカードを登録するだけの作業なので全く問題ないです。

■アプリの主な機能紹介

↑の写真を見ればおわかりの用に、利用時間帯制限と利用時間制限がかけられます。

そして、これらの設定画面は以下の通りです。

 

こちら曜日ごとに細かく設定ができることと、もしコドモが利用中であっても強制的に時間を短縮したり、別機能で「画面をロックする」こともできるため、時間と利用による制限はかけられ、また利用状況もモニタリングできます。

次に、利用するアプリも制限かけることが可能です。

 

また利用したアプリの情報も一目瞭然。

 

 

何だか謎のアプリをダウンロードして遊んでいるようだ・・・。

またGooglePlayのダウンロード制限もかけられます。

取り急ぎ、今は自宅内での利用制限目的ですが、今後連絡用としてSIM付きスマホを持ち歩かせる時はGPS機能や通知音を鳴らす機能など、色々と役立ちそうな機能が満載です。

■まとめ

コドモにスマホを持たせるリスクは、親がコントロールできないことが多いことが主な原因であり、また特にゲームやYouTube漬けになることが一番のネックではないでしょうか?

しかしGoogle検索を利用することや、メールやチャットでコミュニケーションを取ったり、写真を保存するなど、デジタルネイティブとしての育成も必要ですので、今後ファミリーリンクを駆使して電脳教育を進めていければと思います。

-本&ドリル、知育玩具レビュー, 育児・知育アイデア