コドココ理論 創造力を鍛える

Word chain game~見つけるしりとり~

創造力を鍛える言葉遊びを二週連続でご紹介しましたが、今週も同じく、特に我が家で車の移動中に楽しんでいる言葉遊び「見つけるしりとり」を紹介します。


■見つけるしりとりとは?

ルールは至ってシンプル。

複数人で通常のしりとりをやるのですが、その際に「車の外に見えるモノ」をいうと1ポイントとなり、先に合計10ポイントになった人が勝ち抜けをするゲーム。

ちなみに「車の外に見えるもの」以外はポイントとならず、ある意味〝パス〟となり、また誤って他の人が言った言葉を使った場合はポイントが-1になります。


■洞察力と集中力、目を鍛える

このゲーム、単なる暇つぶし目的で初めてみたのですが、車の外を見続けたり、知っている道であれば使えるワードを先に用意できたりと、色々と頭を使いながらゲームを進めることができます。

それと車道なので、車に関わるワードは分かりやすく使いやすいのですが、しりとりなので、なかなかお目当てのワードが出てこないのでヤキモキしてしてしまうところも面白さの1つ。

あわせて、10点というゴールを目指すことへの意欲、これは以前お伝えした【ブースト効果(夢中にさせて非認知能力を鍛える)につながる遊びとしても役立ちますね。

-コドココ理論, 創造力を鍛える