コドココ理論 メタプログラム

親子で歯車が合わない原因と対策

何かをするとき、お互い努力しているのにうまく行かないケースはありませんか?

ペースが乱れたり、コドモが思うように動いてくれなかったり・・・

これら原因の多くは以前紹介したメタプログラムの方向性にあると思いますが、難しく捉えずシンプルに考えると、親は損や失敗をしないための行動を選び、コドモは得や成功すると信じる(思い込んでいる)行動を選ぶ傾向があると思います。

コドモは好奇心の塊ですし、親は心配性の塊。

また多くの親は【時間】を基準に損得勘定をしますが、コドモは時間の価値がわかってませんので歯車は合いませんよね。


■歯車を合わせるには?

単純にいうと「自分のペースに持ち込む」ということ、そして対象のモノゴトを「得や成功」へリフレーミングすることでしょう。

こちらも難しく考えず、【ゲーム】や【競争】という要素を入れ込めば態度変容につながるでしょう。

そして、何時もコドモの立場や視点に立ってモノゴトを考えられるようにすれば、歯車どころか最速の二人三脚でグイグイ進めるようになると思います。

-コドココ理論, メタプログラム