本&ドリル、知育玩具レビュー

誕生日プレゼントにベストな知育玩具

2016/08/25

世界見聞パズル

今回紹介するパズルは遊びながら世界の国々を周り国境や地名、特産物や世界遺産が学べる『世界見聞パズル』です。

価格的にも内容的にもお誕生日プレゼントとして最適ですよ!


■パズルの特徴

DSC_3711

このパズルは6枚のアクリル盤を問題となる正方形の地図に合わせてはめ込むもの。

またアクリルパズルには6色の飛行機模様が付いています。

DSC_3705

問題は44種類あり、レベル1から徐々に難しくなっていく仕組み。また問題の中にアクリルパズルと同じ形の点線と飛行機の絵が付いているので、初期のレベルでは同じ色の飛行機同士を組み合わせていく感じです。

DSC_3695

またレベルが上がるにつれ、先ずは飛行機の色が無くなっていきます。

DSC_3698

もっとレベルが上がっていくとアクリルパズルの線がなくなり、また飛行機の模様が○に変わるため余白を作らないようにパズルの向きを考える必要があります。

DSC_3707

理子さんはパズル好き&国境好きなのでドハマリで、こちら結構前に買ったのですが飽きずに遊んでます。

またお友達が遊びに来たときも人気で、場所も取らず片付けも楽なのでとても重宝してます。

DSC_3702

また全ての問題は付属の冊子に答えが載っているので迷っても困りません。

また問題に描いてある特産物や動物、世界遺産の名前も番号付で描いてあり、ただ単純にパズルで遊ぶだけではなく、親が『この絵は何かな?』みたいなクイズを出すなどコミュニケーションを取りながら遊ぶこともできます。

DSC_3699

このパズル、やはり難易度が上がると大人でも簡単に解くことは難しいので、わからなくなったら答えを見ながら解くようにしてます。

DSC_3694

答えを見ながらでも、何度も復習してトライする事は幼児教育的にも有効であり、またパズルで養う空間把握能力と地名や世界遺産といった社会知識という2つの能力開発につながるハイブリッド学習法が成立してますね。

またこのパズルは問題の数が多いので何度も遊べばハイブリッド学習法の効果と合わせてインターリーブ学習法による記憶力強化にもつながると考えられます。

本当に素晴らしい玩具!

このパズルを誕生日プレゼント等で渡す際『ハイブリッド学習法』と『インターリーブ学習法』の話も添えると価値が高まります!

幼児教育や知育にチカラ入れているお友達へのプレゼントとして如何でしょうか?

またメーカーの動画もありますので良かったらご確認ください。

 

-本&ドリル、知育玩具レビュー